CFPの資格を取ってみよう!

ファイナンシャルプランナーの資格はFP技能士、AFPなどありますが、
ざっくり言うとCFPは一番取得が難しく、言い換えるとファイナンシャルプランナーにおいて最高峰における資格です。

肝心な試験を受けるにはAFPの資格認定者である事が条件です。
そのAFPを受けるにはFPの2級か1級が必要になりますので、
FPとAFPの資格を取得しないと試験は受けられない、という事になります。
また、一年に一回しか行われないのでミスは絶対に許されません。
試験は2日に分けて行われ、2日間で6つの課目を受ける事になります。
時間は大体午前から夕方くらいまでかかる長期的なものです。
そして6つの課目全てに合格した上で、エントリー研修の受講と通算実務経験3年、
という二つの条件を満たすと晴れてCFPの資格認定者になる事が出来ます。

これまでの説明だけで、どれだけ遠く険しい道かはお分かり頂けるかと思います。
もちろん試験内容は難しく、独学で取得するのは困難でしょう。
しかしファイナンシャルプランナーとして頂点に立ちたい、
という気持ちをお持ちなら、最終的にはこの資格の試験を受ける事になるでしょう。
そのためにはFPとAFPの資格取得、長い勉強時間、そして実務経験までもが必要になります。
ですから、もしもまだFPの資格すら持っていないという段階の方は、
まずFPとAFPの資格取得と社会での経験を積む事だけを考えるだけで十分です。
そして社会に飛び出し、もっともっと上に行きたいと望むようになった時、
おのずとCFPの資格を取得するタイミングが訪れる事でしょう。