AFPってなんだろう?

AFPは「アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー」の略で、
ファイナンシャルプランナーの資格の一つとなります。
取得条件ですが、まずファイナンシャル・プランニング技能士の2級あるいは1級に合格する事。
FP協会が認定する教育機関でAFP認定研修を修了する事。
そしてFP協会に登録する事の3つです。

ファイナンシャル・プランニング技能士は国家資格ですが、
アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナーは民間資格となります。
また、2年毎に資格更新が必要となり、定められた継続教育を果たす必要があります。
そして最低でもFP2級を持っていないと取得出来ないので、
誰でもまずはファイナンシャル・プランニング技能士の勉強の勉強から始める、という路線に変わりはないでしょう。

AFPの資格を取得するメリットですが、情報を良く受けられる事が一番に挙げられます。
毎月送付される会報誌、交流やセミナーへの参加など、
本格的にファイナンシャルプランナーとして活躍する上で必要な知識を得る機会が大幅に増えます。
継続教育を受ける事も出来ますし、周りに認められて活動の幅も広がります。
もし長い間仕事を続けたい、と思っている人なら取得して損する事はあまりないと思います。

とにかくファイナンシャルプランナーの仕事をする上で、
アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナーの資格を持っているに越した事はありません。
まずはやはりFP1級の資格を何よりも先に取得したい所ではありますが、
もし余裕があるなら積極的に取得を目指して努力を重ねてみましょう。